ごあいさつ

ごあいさつ

みなさん、はじめまして、一般社団法人さよなら不登校 代表理事 北村恵美子です。

「さよなら不登校」は、不登校の子どもを抱える家族のみなさんをサポートするための団体です。子どもが学校へ行かなくなると、本人だけではなく家族も孤立しがちになります。別に何か悪いことをしたわけではないのに、親子共々後ろめたい気持ちになってしまうのです。

そんな時、話をできる場があれば、話を聞いてくれる人がいれば、どうしていいか相談できる人がいれば、学校以外に学べる場所があれば…そんなご家族のみなさんの思いに応えて私たちは「さよなら不登校」を立ち上げました。

「さよなら不登校」という名前には、私たちの二つの思いが込められています。一つは、子どもたちやそのご家族に「不登校」という状況を克服してもらいたいという思いです。そしてもう一つは、たとえ中学校や高校へ行かなくても子どもたちの学びが十分保証される場ができれば、そこからより専門的な学校へと進学ができる。つまり、そんな社会が実現すれば「不登校」そのものは問題じゃなくなり「不登校」という言葉そのものがなくなっていくんじゃないかという思いです。

私たちがよく使うメッセージがあります。「せっかく不登校になったのに…」それは、「不登校」という状況を「人生の転機としてとらえよう!」という考え方です。これは英語で、Development Opportunities(機会開発)と呼ばれています。「不登校」は、新しい生き方に出会えるチャンスでもあるのです。

「さよなら不登校」では、みなさんの利便性を考慮して、京都市内中心部の「きょうとオフィス」と認定フリースクール学びの森がある「かめおかオフィス」の2ヶ所で活動をおこなっていますのでみなさんのご都合の良いオフィスをご活用ください。

最後に私から大切なメッセージがあります。どうかためらわないで、私たちにみなさんの悩みを少しだけお聞かせください。すべてはそこから、はじまります。「不登校」という問題は必ず解決されるのですから…