第1回 親力アップ講座

家族療法は、不登校、ひきこもり、非行、問題行動など、家族のどなたかが抱える困りごとを、家族みんなで解決しようとするものです。家族療法では、面接者が家族と一緒に考え、家族の困りごとを客観的に捉えることを目指します。今回の親力アップ講座は、そんな家族療法の専門家の方に来ていただき、ある家族の事例を一緒に考えることで、家族を取り巻く色々な状況を、客観的に見る視点を養うことが目的です。


ゲスト:千葉 晃央さん (京都国際社会福祉センター 社会福祉士)

立命館大学大学院人間科学研究科修士課程 臨床心理学領域 家族クラスターを修了。2001年から「家族をテーマにした事例検討会」を主催。月1回の開催で現在16年目。京都国際社会福祉センターの家族療法課程の全ての研修を修了し、家族療法課程、家族面接のスタッフとして研修、支援に関わる。日本家族研究・家族療法学会、日本家族心理学会、日本社会福祉士会、京都社会福祉士会に所属。対人援助学会理事。

【著書など】『発達障害者の就労問題と家族支援』 家族心理学会年報 29、『発達障害と家族支援』 金子書房 2011、『家族療法による知的障害者とその家族への支援』 京都国際社会福祉センター紀要 2009


●日時: 5月28日(日) 10:30~12:30

●場所: 学びの森

●会費:   1000円


お申込みは、こちらまで


一般社団法人さよなら不登校

不登校やひきこもりの若者と保護者のサポートを目的とした団体です 不登校相談やカウンセリング、学びの場や交流の場を用意しています

0コメント

  • 1000 / 1000